歩行運動指導士を取得する上での条件


歩行運動指導士の資格を取得するためには、以下いずれかの資格が必要となります。

  • (一社)全日本ノルディック・ウォーク連盟「公認指導員資格
  • (公財)健康・体力づくり事業財団「健康運動指導士資格
  • 介護福祉士」国家資格

資格取得に必要なカリキュラムと単位


下記20.5単位を2年以内で取得することで、歩行運動指導士として認定されます。

矢野式スマートポールの理解と実践について


2.5単位

※ 既にJNWL股関節アドバイザー資格を有するものは免除

水中(アクア)ポールウォーキングの 理解と実践


4.5単位


インソール B+
(バランスプラス)


膝、腰への負担を軽減し、正しい歩行姿勢に誘導する

1.5単位

※ 既にJNWLインソールフィッティングアドバイザー資格をするものは免除

ヒーリンクス


トータルバランスコンディショニングの理解と応用

4.5単位


疲労回復系KAATS
加圧トレーニング


加圧トレーニングのメカニズムの理解と応用

3.5単位

GRUS歩幅測定計


歩幅を広げることでの認知機能低下を予防

1.5単位

※ 既にJNWLのGRUS研修会に参加し所有、活用実践しているものは免除


スポーツストレッチの有用性とボディケアの基礎及び実践


2.5単位